インターネット診療予約

携帯版URL送信フォーム

ましこ皮フ科クリニック

〒971−8172
福島県いわき市泉玉露5-7-10
電話番号:0246-56-4412
予約番号:0246-75-2720

診療時間

午前 9:00〜13:00
午後 14:30〜18:00

休診日

木曜午後、土曜午後、日曜・祝祭日

 

詳しい地図を見る

 

診療案内

アトピー

強いかゆみのある湿疹が良くなったり悪くなったり

アトピー性皮膚炎は、顔や首、ひじの内側やひざの裏側などに湿疹が左右対称に現れ、放っておくと全身に広がっていきます。非常にかゆいのが特徴です。 回復と悪化を繰り返し、慢性に経過します。

遺伝的な体質と環境の2つが原因

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患の代表と思われており、食べ物、ダニなどに注意すれば治ると誤解されていることが多いようです。

もちろん、アレルギーも1つの原因ですが、ドライスキンといった遺伝的な体質や、乾燥、発汗、ひっかくなどの環境による影響も重要です。

抗ヒスタミン薬でかゆみを、ステロイド外用薬で皮膚の炎症をコントロール

皮膚の炎症とかゆみのコントロールが上手にできるようになるのが治療の目標です。

多くの抗ヒスタミン薬には、副作用として「眠気」がありますので、服薬中は自動車運転など危険な機械の操作は控えなければなりません。

また、ステロイド外用薬には、にきびおでき皮膚萎縮、多毛などの副作用が出ることがありますので、症状が変わったなと感じたら、すぐに医師に相談しましょう。

日常生活での対処法

お手入れ方法、原因となる刺激物を知ることが、敏感なアトピー肌とつきあう、はじめの一歩。

  • かゆくなっても、かかないようにする心がけも大切です。
  • 汗や汚れは、すぐ洗い落としましょう。
  • 弱酸性のせっけんをよく泡立てて、洗うときはやさしく。
  • お風呂の後は、保湿剤でうるおいを。
  • 肌ざわりがよくて柔らかく、吸湿性の良い衣類を選びましょう。
  • ストレスは大敵。リラックスできることをみつけましょう。
  • ダニ、カビ、ハウスダストは、アトピー肌の大敵です。こまめに部屋のお掃除をしましょう。
  • 患部を冷やしたり、何かに熱中したりして、かかないようにガマン、ガマン。

 

ページの先頭へ戻る